「百年素材 ロイアルガーズ グリーン ホップサック」



<blockquote><br>
<left><object width="425" height="344"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/qSBSKCZFbjs&hl=ja&fs=1"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/qSBSKCZFbjs&hl=ja&fs=1" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="126" height="102"></embed></object></left><br>
<b> <span style="color:rgb(255,0,0);">T</span>AILOR <span style="color:rgb(255,0,0);">C</span>LASSIC  </b> <br>
<font size="4"><b><span style="color:rgb(0,204,255);">21st Century <br>
Elegancy</span></b></font><br>
<center><font size="5" color="white" face="georgia">Art<font color="darkGray">&amp;<font color="white">Classi<font color="DimGray"><font color="darkGray">C</font></font></font></font></font></center><font size="5" color="white" face="georgia"><font color="darkGray"><font color="white"><font color="DimGray"><br>
<center><font size="6" color="darkkhaki">「百年素材 ロイアルガーズ グリーンホップサック」</font><br>
<span style="font-size:xx-small;"><span style="color:rgb(204,204,204);">title copyright 2017 MOMOTOSEDO, Ryuichi.Hanakawa. </span></span><br>
<font size="5" color="darkkhaki"><br>
b0151357_18530864.jpg
</font></center><font size="5" color="darkkhaki"><br>
<br>
</font></font></font></font><blockquote><font color="darkGray"><font color="white"><font color="DimGray"><font size="5" color="darkkhaki"></font></font></font></font><blockquote><font color="darkGray"><font color="white"><font color="DimGray"><font size="5" color="darkkhaki"><font size="3" color="ghostwhite"><br>
<center>■</center><br>アトリエの地下のRED ROOMはさながらビスポークの博物誌のようなものでメンバーたちが入れ替わり立ち代わり「発掘」を続け、また私も約半世紀にわたって世界中から「発掘」した品々を持ち帰ることを繰り返しながらおよそ「完成」するというものではないのだろう。<br>

ここにはホワイトカシミア&20%ミンクの「スパン」カシミアから1930年代の18オンスの「本物のエステイトツイード」、1900年代の「オリジナルチョークストライプ」から200双のツイルのシャツ生地、19世紀のライブリーボタンまで、およそ存在するとは思えないものまで網羅している。<br>

そのひとつがこの「翠(みどり)」のグリーンのホップサックで1950年代~1960年代に「ロイアル ガーズ(王室近衛兵)」のために織られたものだ。<br>

だから元来は一般市場に出るはずのないもので、それだけに「英国織物の真髄」に触れる「名品」のひとつだといえる存在感に圧倒される。<br>

「ホップサック」といえば麻袋のような凹凸したざっくりとした頑丈な生地として知られているが、これは極めて上質な「糸」で驚くほど緻密に織られていて、独得の底光りする威厳に満ちた美しい姿はとてもアノ「ホップサック」とは思えない。

<br>
b0151357_18535817.jpg
<br>
<br>
b0151357_18543742.jpg

# by tailorrikughi | 2017-08-02 18:58 | ■百年素材 ロイアルガーズ ホップサック