<   2017年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ビスポーク トート



TAILOR CLASSIC   
21st Century
Elegancy

Art&ClassiC

「ビスポーク トート」
title copyright 2017 MOMOTOSEDO, Ryuichi.Hanakawa.

b0151357_07581580.jpg





私はご存じのようにハダースフィールドやスコットランドやシェットランド、果てはアウター・ヘブリディーズの島々など英国(United Kingdom)のミルが織ったヴィンテージの名作生地を集めている。それらが織られた時代は古いもので1900年代に遡る。アトリエでは実際にこれらの名作生地でクラシックスーツを仕立てている。六義のアトリエの魅力のひとつはこの年代物の名作生地が積み上げられた通称「RED ROOM」と呼ばれる地下の生地倉庫だろう。


一時はクラシックな英国生地のみに拘っていたが、いまは、「これは」と思う生地なら洋の東西、時代の後先などには拘らない。さすがに「蜘蛛の糸」の織物(蜘蛛の糸で織られた織物は絹のように薄いのに同じ重さの鉄と同様の強度をもっている。)はないが、思いもつかないものが揃っている。

例えばこのスウィンギングロンドンの名店「グラニー テイクス ア トリップ」(ミック・ジャガー、テレンス・スタンプ、ジョン・レノンらがスーツを仕立てていた店だ。)が残した「名物裂れ」も自慢の一枚である。様々な柄がパッチワークのようにつなぎ合わされ「モールスキン」より毛足が短くより緻密に織られている、しかも極めて「糸」がよい。
b0151357_08004015.jpg






60年代から70年代半ばにかけてロンドンの街角には「グラニー」をはじめ「Mr.Fish」「ブレイズ」などヤングミリオネアーやロックスターが通った「ポップ」で時代の風を帆いっぱいに受けたビスポークテーラーが煌めいていた。私はちょうどその時代に「青春」を送った。
この時代は20世紀のヤングカルチャー(音楽だろうと、ファッションだろうと、、、)の「核」として語り継がれ、21世紀のいまも影響を与え続けている。

これらの店はサビルロー以上に仕立てに拘りそして驚くほど高額だった。そして彼らが残したオリジナルな素材は大胆でポップでいながらクラシックな生地に負けない質と凝りに凝った「組織(織り)」をしていて、めったに「発見」できないが私の宝物だ。(彼らは60年代の「糸」も「織機」も「職人」も揃っていた良い時代のハダースフィールドのミルにオリジナル素材を発注していた。何故なら彼らは従来の素材に飽き足らず、いままでに無かった「自分たちのエイジ」の素材を欲していた。だからこの時代に英国織物史上でもそれまでに類のないオリジナルで特異で上質な素材が開発されている。英国でもこの時期に生み出された布地をひとつの「時代(decade)」として評価づけた書物、論文は見当たらないが、「質」はもちろん「量的」なヴァリエーションも充分あり再研究の対象として大いに価値があると思う。)



b0151357_08011065.jpg

このグラニーでクラブメンバーMさんに仕立てたのはクラシックなハンテイングウエストコート。ノッチドラペルがついた6つボタン、背中も同素材で仕立てられている。ラペルは立体的にふわりと翻るようにヴィンテージのアルパカで制作した特製の芯地がはいっている。

特筆すべきは19世紀の貴重な「ハンテイングボタン」で飾られていることだろう。左の写真がその実物である。一個ならともかくセットで揃えるのは至難の業でボタンコレクターが割拠するアトリエメンバーのなかでも垂涎の的だ。
















b0151357_07575989.jpg



そしてアトリエのシグネチャーのひとつ「ビスポークトートバッグ」である。(アトリエではクラシッククローズだけでなくあらゆるものが職人さんの手によってつくりだされている。)、

ハンドルには英国の「シノワズリー」(「中国趣味」が流行った時代で龍が織り込まれているがかつての英国で織られた。)の時代の厚手のシルクを合わせている。

裏地には「絹より勝る」といわれた日本の昭和の「きもの」用の真紅の綿の裏地を張っている。これがシルクのように底光りして、光沢が美しく、内貼りとしても軽くて頑丈なのだ。ベルトとハンドルは大久保の手による。オレンジとオフホワイトのリザードがかっこいい。



b0151357_07590110.jpgb0151357_07595655.jpgベルトとハンドルは大久保の手による。オレンジとオフホワイトのリザードがかっこいい。























































       





「ティラー六義」
中央区銀座一丁目21番9号
phone 03-3563-7556 e-mail bespoke@rikughi.co.jp(appointment required 完全予約制)

無断転載、画像の無断複写を禁じます。
copyright 2017 Ryuichi Hanakawa and Rikughi Co.,Ltd.

by tailorrikughi | 2017-04-19 08:09 | ■「ビスポーク トート」

「ウエストコート」 レイプシードのウエストコート



TAILOR CLASSIC   
21st Century
Elegancy

Art&ClassiC

「ウエストコート」
title copyright 2017 MOMOTOSEDO, Ryuichi.Hanakawa.
レイプシード(菜種色)のウエストコート

b0151357_10471726.jpg




「ウエスコート」は米語では「v」の発音が面倒な「vest」、仏語では響きも洒落た「ジレ」、日本語ではシンプルに「直着」を由来とする「チョッキ」と呼ばれる、がしかし、このクラシックなワードローブは正しく「Waistcoat」でなくてはならない。



何故なら「Waistcoat」はテイルコート同様、「ウエスト(Waist)位置」で切られた「コート(Coat=ジャケット)」であるからだ。(かつては袖がついていた。)


クラシックなウエストコートは冬の寒さを少しでも防ごうという英国人のケチな考えで発案されたものでも、俗説の上着とズボンを仕立てて残った生地を無駄(Waist)にしないために生まれたものでもない。

これこそはメンズドレススーツの「センターピース」であり、ダンデイズムの象徴である。 かつてはウエストコートなしのスーツ姿など考えられなかった。「シャツ」は「下着」だったのだからウエストコートなしのスーツ姿は下着姿で人前にでることと同様だったのだ。



それゆえに仕立ても上着にまけぬほど精巧な「Coat(ジャケット」でなければならない。ただおざなりのぺったりと「平面的」なウエストコートほどみすぼらしく無知を晒すものはない。



私のビスポーク遍歴でも不満のひとつだったのが「ウエストコート」の仕立てであった。
アトリエの「ウエストコート」は袖のない「ジャケット」として仕立てられる、からだに添った立体的な表情に精緻に仕立て上げられる。

ラペルにもヴィンテージのアルパカで制作した特別な芯が仕込んであり、ふわりとエレガントなふくらみをもって翻る。

ラペルの端には指で触ると「ツブツブ」とした「立体」であるのがわかる特別な仕様の細かな「ハンドステッチ」がはいっている。
たいがいはスーツに溶け込む同系色の糸で縫われるので目立たないのだが、、、

b0151357_110049.jpg
b0151357_1104279.jpg






■「レイプシード」のウエストコート」■


ウエストコートはスーツと共地で仕立るのが原則だが、特例の「独立した存在」ともいえる「ウエストコート」がいくつかある。


そのひとつがこの「レイプシード(菜種色)」のハンテイングウエストコートである。


英国の田園には5月ごろになる と突然、眼にも鮮やかなイエローゴールドの四角形がそこかしこに出現する。見慣れないものは田園の緑との強烈な対比に驚くが、これが「レイプシード」の花である。

このハーヴェストゴールドのウエストコートはその田園の「レイプシード」の色に由来している。

英国ではこの「レイプシード」のウエストコートは何にでも合わせる、ツイードであれ、プリンス オブ ウエールズであれ、ネイヴィージャケットであれ、、、これは「万能の」ウエストコートなのである。





b0151357_11145716.jpgそして、この「レイプシード ウエストコート」には「これでなくてはならない」という専用の生地がある。産毛のような細い毛をぎっちりと密に織った、しかしワタアメのようにふわふわとした手触りの生地なのだが、コレがいまや手に入らない。だから、「レイプシード」のウエストコートの本物を着ている人は稀である。困った時代になったものだ。ちなみに「本物」はウエストコートの裏地がコットン&ウールのタッターソールである。これは1980年代にラヴァットミルに出かけ特別に織ったものだ、だから糸も極上のものを選んでいる。まだ、あの頃は原糸の良いものがいくつか保存されていた。ウールの原糸は羊から刈り取ってすぐには使えない。最低でも5~6年は寝かさなければいけない。この糸は染めてからずいぶん経って良い色になっていた、多分、1950年代のものだったように思う。














b0151357_08325493.jpg
「プリンス オブ ウエールズ」の三つ揃いはいかなるときにも新鮮な美しさと品格を保ち続ける。これ一着あれば、たとえチャールズ皇太子のプライヴェートパーテイに運よく招待されたとしても、或いはレデイガガのミッドナイトバースデイによばれたとしても困ることはない。ただ「プリンス オブ ウエールズ」には個体差がある。この「プリンス オブ ウエールズ」は私が英国で織ったものだ。






















b0151357_08334266.jpg


























































       





「ティラー六義」
中央区銀座一丁目21番9号
phone 03-3563-7556 e-mail bespoke@rikughi.co.jp(appointment required 完全予約制)

無断転載、画像の無断複写を禁じます。
copyright 2017 Ryuichi Hanakawa and Rikughi Co.,Ltd.

by tailorrikughi | 2017-04-11 10:45 | 24.「レイプシード ウエストコート」

「最高のホワイトカシミア80%&ミンク20%」



TAILOR CLASSIC   
21st Century
Elegancy


Art&ClassiC



「最高のカシミア」
title copyright 2017 MOMOTOSEDO, Ryuichi.Hanakawa.
RED ROOM COLLECTION

b0151357_13111466.jpg





これはもはや「カシミア」という概念を超越している。



なんと最高のホワイトカシミアの原糸にミンクが20%以上も織り込まれているのだ。

「エレガントなスーツ地」としてアトリエで推奨している1980年までの低速織機で織られた「厚み」のあるsuper130`s~super150`s の ウースティッドで約5%のカシミアが織り込まれている。それだけでも底光りのする「ディグニティー」が現れるというのに、、、

私が英国のハダースフィールドで織機の名作を探し巡って生地を織った経験から言うとカシミアが10%混じると「かなりカシミア寄り」の質感になる。20%混じるともう「カシミア」を主体としたウール&カシミアとなる。

それが今回は「ミンク」が20%入っている、、、繰り返しになるが「ミンク」が「ホワイトカシミア」に織り込まれているのだ、、、この質感は独特だ。 カシミアというよりは銀色のミンクの毛皮の表情を秘めた「異形」である。




この「異形」の「カシミア&シルク」が織られたのにはひとつのストーリーがある。

実はこの「異形のカシミア」は最高値のホワイトカシミアを原糸としているだけでなく、繊維の長い「スパンカシミア」である、カシミアであるのに、ギュっと鷲掴みにしてもパッと手を放せば皺ひとつ残さず復元する。

つまり、スーツが仕立てられるのだ。

このカシミアは、以前ご紹介したサヴィルローを驚愕させた皺の寄らない最高級ホワイトカシミア「BellCash」とほぼ同時期に織られている。

まだ、「スパンカシミア」という概念がない時代である。

「BellCash」は「完璧なカシミア」というふれこみで登場した。

「とろけるよな手触りで、しかも、ぎゅっとわし掴みにしても手を放せば皺ひとつ残さずパッと復元する。」、、、

それまでカシミアは布地の王様として君臨していたが、汽車に乗っての旅などではくしゃくしゃと皺がつく、
それに膝小僧がすぐ出てしまいそうだから、ズボンは仕立てられない。

「カシミア」は軽く暖かく肌触りは良いのだけれど気を使う、皺のよらない扱いやすいカシミアのスーツがあればなんと快適、幸せだろうとbespoke好きは夢想していたものだ。

そこに「BellCash」が登場したのだからみんな驚いた。

しかし、当時、それ以上のものが織られていたのだ。

BellCashの登場に刺激を受けた各ミルがそれぞれ独自の研究をして「BellCash」以上のものをつくろうと琢磨していた。
私が調べた範囲ではスコットランドとドイツでいまでいう「スパンカシミア」が試作されていることが分かった。

なかでも
1960年代後半に英国のミル「リード&テーラー」でほとんど手作りで織られたホワイトカシミア80%&ミンク20%のこの「スパンカシミア(当時はスパンカシミアという「言葉」はなかった)」は時代が生んだ「名作」である。





記録によると老練の職人5人がかりで、織られたのは結局一反のみ。採算度外視の仕事で一日15センチほどしか織れなかったという。「幻の傑作」である。

私が知る限り、これは人間が生み出した「世界最高のカシミア」だと思う。

濡れたような、或いはミンクそのものの毛皮のような質感を持ついままで手にしたこともない最高の「糸」で必要以上に緻密に織られている。

とろけるような質感なのに、ギュっとわし掴みにしても、手を放せば皺ひとつ残らない強靭さ(復元性)を併せ持つ。
この触り心地と何よりも美しいドレープ感は比較するものがない。

このカシミアを触った者はもう「後にもどれなくなる」 だろう。

旅先のレストランで思わぬ古酒に巡り合い、ただ、ただ陶然としたことがあるように、これは「魔性の布」といえるのかもしれない。


b0151357_1336195.jpg



       





「ティラー六義」
中央区銀座一丁目21番9号
phone 03-3563-7556 e-mail bespoke@rikughi.co.jp(appointment required 完全予約制)

無断転載、画像の無断複写を禁じます。
copyright 2017 Ryuichi Hanakawa and Rikughi Co.,Ltd.

by tailorrikughi | 2017-04-01 13:06 | ■百年素材 最高のカシミア