<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Column / 「生涯の友人」としてのスーツ





TAILOR CLASSIC   
21st Century
Elegancy


Art&ClassiC



b0151357_6145012.jpg





チャーチルがいったい何着のスーツを持っていたのかは知らないが、
写真に姿をみせるチャーチルは、
いつも、充分に着込んだ風情の背広を身に纏っている、
そのスーツは、幾分「くたびれた」とも表現できる、


しかし、よく見るとそれはなかなか味のある良いギャバジンで仕立てられていたり、
愛用していたチョークストライプのスーツのラペルも、
あの特殊な体型をチャーミングに見せる
絶妙の幅に仕立てられている、
いつも、水玉の蝶タイを少し無造作に結んでいるのもクラシックでこの人らしい、


1950年代に、ハロルド・ニコルソンはヴァニテイーフェアに、
チャーチルは、英国で最も興味深い男だ、
いや考えるとそれ以上のものだ、
それは、ひとつの「事象」、ひとつの「謎」といえる、
と、書き残している、

同時代人にとっては、それぐらいの「存在感」が、
チャーチルという男にはあったということだ、
いつも、やや意地汚く葉巻を咥えて離さないこの男は、
「信念」に力強く忠実であったことで、歴史に名を残し、
スタイルがあった、

無造作を気取っていたが、
スーツに合わせるシャツは、
いつも決まった上質の白いローン地でしか、
シャツ屋につくらせなかった、




b0151357_546589.jpgアメリカ人初のノーベル賞作家となった、
シンクレア・ルイスはいつも端正な姿で写真に納まっている、


ピュリッツアー賞をとった「Main Street」や、
ウイリアム・ワイラーが監督した「孔雀夫人」をはじめ、
その作品の多くが映画化されて、
映画人との付き合いもあっただろうが、

シンクレア・ルイスの装いには、映画人の華やかさには雑(ま)じらない、
純粋なクラシックさがあった、

それは、洗練されてもいるから、
ルイスだけのポートレイトを見ていると気が付かないが、
大勢に囲まれると、
ルイスだけが「硬質」な独自のものであることが分かる、







b0151357_6163488.jpg我がアイドルのひとり、T.S.エリオットは、
いつも決まって黒っぽいスーツに黒っぽいタイを結んでいる、

実際、いつも同じスーツを着ているようにも見える、

しかし、詩人の「無頓着」さに騙されてはいけない、

天空に煌く星座の配列のように、
永遠に見飽きることのない言葉の純粋配列に腐心する詩人は、
パズルのように複雑に絡んだ美意識を隠し持っている、


そのスーツは、何かの警句のように無駄な飾りはなく、古典的で、
同じく無駄な肉のない痩躯な詩人の身体により沿うように、
意外にシャープに仕立てられている、

とくに、袖口は思いのほか細められ、
煙草とペンを握る
詩人の白く、美しく伸びた指を際立たせる、







b0151357_5505076.jpg劇作家ユージン・オニールのフロンテイアとしての、
激しく、苦悶するまでも格闘したその真摯な一生を思い浮かべると、

その、いつも律義にスーツを着こなした姿は意外に思えもする、

英国とは違う、いかにもアメリカの匂いがするそれらのスーツは、
しかし、クラシックの文法に則(のっと)ってしっかりと仕立てられていて、
オニールによくフィットしている、


「ユーモア」のオブラートで観客へ媚を売ることもなく、
徹底して、心を抉るような「ドラマ」で真実を切り開いて晒しだす
オニールの作品と同様、その人生も、
ノーベル賞をはじめ幾多の輝かしい評価の裏で、
タフなドラマツルギーで進行していく、

いまに残るオニールの姿でいつも忘れ難く、こびり付いてくるのは、
そのオニールの眼の表情だ、






その眼の奥底に見え隠れする、しかし今となっては、推し量るしかないオニールの精神と心には、メイフェアのスノッブな喧騒を思わせる英国の背広ではなく、新大陸のフロンテイアの歴史を繋ぐ、アメリカの匂いがふさわしかった、


同じような意味で、チャーチルの「信念」には、擦り切れるまで付き合わせても、その出自は頑なに匂わせる英国のクラシックがふさわしかった、


「男の服」のあり方を示せと云われれば、多分、そんなことだろう、それは、「ファッショナブル」とは次元の違う「スタイル」という話で、しかし誰かが云っているような「大げさ」なものでもない、

ただ、「大げさ」ではないが、「真実」を大切にするもので、それは、生涯の親友を探すのに似ている、
本当の友人は、人生のタフなときにはその暖かさが心に沁みる、思い切り愉快なときは喜びを分かち得えて、それは一人で愉しむのとは違う豊かさを教えてくれる、


服を仕立てるときは、生涯付きあってくれる、その親友の姿を思い浮かべれば良い、ただ、それだけのことだ、


それは、「消費」するのとは違う。















「ティラー六義」
中央区銀座一丁目21番9号
phone 03-3563-7556 e-mail bespoke@rikughi.co.jp(appointment required 要予約)

無断転載、画像の無断複写を禁じます。
copyright 2009 Ryuichi Hanakawa

by tailorrikughi | 2009-03-26 05:53 | ■Column(New)

Classic tailoring 14. / Classic Gabardine  「ダンデイズムとビスポークテーラー」





TAILOR CLASSIC   
21st Century
Elegancy




b0151357_9223319.jpg
b0151357_924912.jpg





Art&ClassiC



Classic Taupe Gabardine|
100年素材 クラッシック トープ ギャバデイン」




ダンデイ たちが、「既成」を着ていたという話は聞いたことがない、ましてや中途半端に貧相な「パターンオーダー」を頼んでいたはずもない、

ダンデイたちには、それを支えるしたたかに熟練のビスポークテーラーたちがいた、そして、大切なのは、そのビスポークテーラーが「彼」を「理解」し、或いは「ダンデイズム」とは何かを、これもまた、「したたかに」熟知していることだ、



およそ、古から現在に至るまで、ダンデイたちには「既成を買う」という概念そのものが無いと思う、何故ならば自分が望む完璧な「愛用の品」ができるには、それなりの手順が必要だということを慎重に熟知しているからだ、

「既成」を買うという行為は、どんなに豪華なシャンデリアや、無意味に凝った包装が準備されていても、結局のところ、それは「商品」にすぎなくて、金とモノとのニヒルな交換にすぎない、考えてみればわかるように、残念ながら「既成」は貴方のためだけに造られたものじゃない、


そもそもダンデイたちの人生そのものが、極めて彼自身に特化した「ビスポーク」といえる、そして、より高みを目指していく宿命にある、そういう意味では、ダンデイたちにとって、ビスポークテーラーとの付き合いは、愛すべき「生活」の不可欠な一部だといえる、


しかし、ダンデイたちは、自分の望む「完璧な愛用品」を手間ひま惜しまず、熟練の技で完成させてくれるテーラーがいまや年々少なくなって行くのを知っている、阿吽(あうん)の呼吸でダンデイもビスポークテーラーも、両者がより高みを目指す「関係」が結べていたら、それは、今やかなり稀で「かけがえのない」ものだと云えるだろう、



そのダンデイたちが愛した最も「美しい」クラッシックスーツのひとつが、ここでご紹介する「トープ ベージュ」のギャバディン スーツである、


ただし、これほど「仕立て」で差が出るスーツはない、上手いテーラーほど、そのことを良く知っている、


b0151357_1615746.jpg

Classic Taupe Gabardine




ギャバディン」そのものがテーラー泣かせの素材だといえる、そして、「欠点」が目立ちやすい素材でもある、仕立ての「良し悪し」がよく判断できない方は、信頼に足るテーラーを探し出すべきだと思う、間違っても、「パターンオーダー」などには手を出さないことだ、何もリスクをおかす必要もない、潔くあきらめよう、


この生地は、熟練した職人のフルハンドで極めて丁寧に完成させると、素晴らしく美しいものになる、ヨーロッパなどではそういうスーツを着ているだけで尊敬の眼でみられる、ただ、下手に仕立てると、見るも無残なものになって、モノが分かっているところにでも出ると、、、両極端のものなのだ、



例えば、この生地は縦に伸縮する、湿気を吸うと垂れていく、
服は「止まっている」ところと「止まっていない」ところがあるから、(つまり、ポケットや袖ぐり、前フロントは芯地に縫い付けられているが、それ以外は縫い付けられていない、)

そのままでは、湿気を吸ったときに、この差が矛盾していくので、職人は「こきだす」という作業をする、これを言葉で説明するのは難しい、言葉は足りないが、ウエスト位置を決めておいて、そこから下へむけて布目に対して縦横、「均等に」(この「均等に」という一言で済む作業にも熟練がいる)手で、伸縮具合を探りながら伸ばしながら縫っていく、


この「伸縮具合」を「探りながら」、それを「見極める」というのが熟練の技なのだ、それは、職人の永年の「勘」がモノを言う、伸ばしすぎると裾で醜く溜まってしまい、足りないと裾は反ってくる、


「ギャバディン」は、アイロンの跡がつきやすいから、アイロンをあてるときも「ふかす」というやり方をする、これは、あて布を水につけて絞って、一種の蒸気をあてるようなやり方をするわけだが、これもやりすぎると布に蒸気がこもってしまう、、、こうした仕事はやはり言葉で説明するのとは違う次元にそのリアリティーがある、



b0151357_1615746.jpg

Classic Taupe Gabardine




我々は、古のテーラリングから新しい手法まで、スタイルを支える「テーラリング」というものを徹底的に解析し、解読しているが、そこで云えるのは、やはり、まっとうな方法論をしっかりと把握し、忠実に美しく仕上げる高い能力ということに尽きる、かなり上手くなければダメだ、そして、忠実な仕事をしない限り結果は現れない、


我々のやっているテーラリングの仕事を100とすると、その20ぐらいはチョット「秘密」で独特のことをしている、しかし、後の80はまっとうなテーラーなら知っているはずのことだ、だが、知ってはいるがそれを忠実にチャンとやっているところは少ない、


例えば、ポケットを切る場合、我々は、「芯据え」(芯を入れて)をして服としての美しいシルエットを出してからポケットを切る、しかし、芯を据えてからポケットをつくるのは面倒なのだ、それで、大概のところは、芯を据える前にポケットを切ってしまう、これで作業は随分と楽になるからだ、しかし、シルエットを創った後にポケットをつくるのとでは「線(ライン)の美しさ」とその「出方」が違う、


或いは、芯はクライアントごとにその身体に合わせ、ひとつづつ手作りされるが(いまや、出来合いをつけるところが多い)、例えば胸のふくらみに合わせた芯地は、アイロンでクセをとったそのふくらみを支えるように、芯にも放射線状に何本もダーツを入れている、しかも、その支えるべき箇所によってダーツの長さも変えている、これも、その実作業を思い浮かべてもらえれば分かるように手間が格段に違う、しかし、この「手間」が私が考える「イングリッシュドレープ」をどこよりも美しく、エレガントに実現してくれるのだ、



b0151357_1615746.jpg

Classic Taupe Gabardine




そして、「トープ ベージュ」のクラッシックギャバジンである、

b0151357_528371.jpg


テーラーにとって、ギャバジンが美しく仕立てるのに「骨が折れる」ように、ミルにとっても、ギャバジンは織るのに神経を使う、もとよりクラッシックスーツに仕立てるに足るギャバジンは、他のウーステッドより高価だった、

そして、先染めの良いギャバジン、とくに、「トープベージュ」と呼ばれるクラッシックギャバジンはいまや探し出すのにも「骨が折れる」、

何で、自分がこれほど「クラッシック ギャバジン」に拘り続けているのかを考えてみれば、

ひとつには、クラッシックギャバジンは、いまの高速織機で織られる繊細なそれよりも、しっかりとしていて、少し厚手で、仕立てると実に良い「味わい」が出るからだと思う、

それを、どう表現すれば良いのか、ただ美しく、繊細であるだけでなく、男の服としての「信頼感」がある、といえそうな気もするし、どこか懐かしいような、それこそクラッシックスーツの匂いがするともいえる、


そう、その「クラッシックスーツ」としての匂いが、他の生地を探していても、ついギャバジンがあれば、ソチラに目が移ってしまったりさせるのだ、

そして、「トープ」という色、この色がいかにも優雅で古の贅沢な暮らしを偲ばせる、

この「トープ ギャバジン」は、ダンデイズムを知っているビスポークテーラーなら、自らの仕立ての手間を顧みず、ダンデイがそのクローゼットにいつかは揃えるべきクラッシックスーツの一着として勧めざるを得ないものだと思う、それほどの魅力がこのスーツにはある、




b0151357_602948.jpgビンテージの良い生地を探していくと、その一枚、一枚に、当たり前だろうが、異なった表情があり、それが果てしない蒐集に溺れさせていく、

同じ「トープ ベージュ」でも、やはりそれぞれの布で色の表情は違い、織りの表情も違う、

上の写真の70年代に織られた「トープ クラッシック ギャバジン」は、手元にあるビンテージのギャバジンの中でも、最もクラッシックといえる織りと色をしている、「キャバリーシルク」を織るときも、この生地のスワッチを預けて同様の色を出そうとしたが、結局、全く同じとはいかなかった、


極く、自分の趣味で言わせてもらうと、この生地では、クラッシックなイングリシュドレープのダブル前のスーツか、これもクラッシックなシングル2つボタンの三つ揃いに仕立てて欲しい、間違っても「クラシコなんとか」は止めて欲しい、



そして、幼さの残るテーラーよりは、クラッシックのスタイリングをしたたかに熟知しているテーラーが良い、男のダンデイズムの裏表を味わい尽くしていて、なおかつノンシャランとしているテーラーが良い、


「ノンシャラン」というのが意外に大事で、周到に計算され尽しているけれど、気張ったところのない優しく優雅な大人の一着を仕立てて欲しい、






「100年素材 極めて大人向き ビンテージ クラッシック トープ ギャバディン」 

ビスポーク クラッシック スーツ ¥350,000( 税込み価格¥367,500)
(フルハンドメイド、仮縫い付き 限定ビンテージ生地の着分のみ)














「ティラー六義」
中央区銀座一丁目21番9号
phone 03-3563-7556 e-mail bespoke@rikughi.co.jp(appointment required 要予約)

無断転載、画像の無断複写を禁じます。
copyright 2009 Ryuichi Hanakawa

by tailorrikughi | 2009-03-12 00:19 | 14.Classic Gabardine