<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Classic tailoring 7. / Plaid suits




TAILOR CLASSIC   
21st Century
Idea




Art&ClassiC



b0151357_11134583.jpg





「プレイドスーツという啓発」
 

20代の頃からクラッシックテーラリングに出会いさ迷うなかで、ある種、「啓発されたスタイル」というのがあるとすれば、私は迷わず、この「プレイドスーツ」をあげたいと思います、
慎重なタウンスーツの一方で、華やかで、その人のダンデイズムを匂わせる「プレイドスーツ」があるというクラッシックの奥深さ、

当初、このプレイドスーツに出会ったときは、やはり驚きを禁じえませんでした、しかし、それは新鮮な「刺激」というもので、魅きつけられました、自分も着たいと思いました、それは、ストライプのスーツをもう一着ビスポークするという感触とは明らかに違う「興奮」だったと思います、


そして、なにより本当に驚き、そのとりこになったのが、様々に美しく織られた古のプレイド生地です、


先日のオープンハウスで「100~ビンテージ生地」をご覧になった方は、実感されると思いますが、英国の昔には、ダークな色彩に密かにパープルのオーバープレイドが入ったものから、多色の先染めの糸を駆使した絵画的なプレイドまで、実に様々な美しいプレイドが用意されていたのです、

この「用意されていた」というのを生半可に考えてはいけません、あの「100~ビンテージ生地」(数えたら100どころか、200~300あった、面倒なので数えるのをやめました)でさえ、あの量とバリエーションですから、その種類は凄まじいものがあります、

多分「英国プレイドミュージアム」ぐらい軽く出来上がるほどです、


つまり、この「プレイドスーツ」は様々に美しく織り込まれたプレイド生地へのオマージュと考えるべきものです、

私は、そう強く思っています、



だから、自分の気に入る、それにふさわしい、プレイドの生地を見つけることにさ迷うことから始めるべきです、それが、この「プレイドスーツ」を自分のものにする重要な「愉しい」過程です、かなり、考えあぐね迷うべきです、なにしろ、相手は膨大な数を誇ります、

生地のコンポジションも、6,7plyのタイトに織られたウーステッド、手織りのリアルシェットランドウール、思わぬ柔らかさと軽さに驚くアルパカツイード、珍しい多色織りのカシミアプレイド、、、その織りも、ドニゴルや、濃淡のある綾、ソルト&ペッパーとプレイドをあわせたものや、様々な色と大小のプレイドの組み合わせ、ダブルプレイド、まるで絵の具の染みのように微かに引かれたプレイド、、、と様々で、これは、職人から生まれた「アート」と呼べるものです、事実、絵画をみるように魅きつけられ、美しいものをみたときに感じる興奮と充実感を覚えます、


迷って当然です、所詮、ひとつに絞れるものではないのです、ルノワールも良い、マチスにも魅かれる、しかし今回は少しヒネッてモジリアニにしょうという程度の選択です、



そして、迷いをひきずりながらも取り上げたプレイドで、スーツができあがったら、それにふさわしいシャツ、タイ、靴下、靴、ポケットチーフ、それらを丁寧に選んでいくべきです、

当初は、手持ちのシャツにタイをあわせて、そして徐々にイメージをふくらませながら、時間をかけてふさわしいものを探していくのも愉しいと思います、茶の味わい深いソルト&ペッパーの地にオレンジのダブルプレイドには、オレンジのタイが良いかもしれません、或いはかえって深い紺のカシミアの綾が良いかもしれません、いや、それに少し色が混じっているものが、、、何年かかっても良いと思います、


「プレイドスーツ」は着こなしの妙を引き出してくれるものです、或いは、それを要求するものかもしれません、靴下まで手を抜かないで、永年をかけて「完成」されるべきもので、そして、それはかなり高度な洗練の極みを見せた組み合わせまでをも本人しだいではチャレンジできます、

つまり、おおげさにいえば、自分の感性の成熟の見せ所、ひとつの愉しい「課題」としてワードローブに潜んでいるものともいえます、おおいに迷い、ひとつひとつを完成させていくことに喜びを味わうものです、


それが、「プレイド スーツ」という啓発だと思います、






b0151357_1302265.jpg


b0151357_1312766.jpg




























































「ティラー六義」
中央区銀座一丁目21番9号
phone 03-3563-7556 e-mail bespoke@rikughi.co.jp
(appointment required 要予約)


BACK≪ ≫ NEXT  




無断転載、画像の無断複写を禁じます。
copyright 2008 Ryuichi Hanakawa

by tailorrikughi | 2008-10-30 11:15 | 7.Plaid suits

Accessories / Vintage Cufflinks


TAILOR CLASSIC   
21st Century
Idea











b0151357_23141592.jpg






「カフリンクの誘惑」
 

以前から、「フレンチカフのシャツを頼みたいけれど、良いカフリンクを持っていない」というご要望もあり、カフリンクスを扱うことになりました、

ただ、六義のコレクションのことですから、多少、ひねくれています、

最初の1ペアは、シンプルで使いやすいものをと考えがちですが、私の考えは違います、最初から一生飽きのこないもの、逆にいえば、モノが分かってきた後になってこそ、あらためて唸るものを選ぶべきだと思っています、これは人生を愉しむコツだとも云えます、世間でいう「常識」には大人の男なら見破るべき「嘘」が潜んでいます、

ですから、第一回目のコレクションは、やはり、ビンテージの生涯を通じて愛せるものにしました、紳士が身に着けるべきクラッシックなものです、(小物なので、できるだけ正確な写真をと思っていますので時間がかかります、徐々にご紹介していければと思います、ビンテージ、或いはアンテイーク=ビクトリアンですからすべて一点ものになります)


カフリンクスは、男に許された数少ない装飾品です、それだけに探索してみると意外に奥が深く、先人たちは技巧と洒脱の粋をつくしています、
これを見てしまうと、現代つくられているものに如何に粋と技巧が欠けているかが身に沁みます、

カフリンクスは、一種の手元に秘めたミクロコスモスで、チャーミングで蠱惑の世界を持っています、さあ、貴方も奥深くさ迷う、その一歩を踏み出してください、






b0151357_23203163.jpg



ファベルジェ ローズカットダイヤモンド エナメルギローシュ クラウンカフリンク」

ロシア皇帝、ロマノフ家御用達のジュエラーだった、ファベルジェのカフリンクスです、ファベルジェのジュエリーワークは、驚くべき細密と技巧の限りをつくしていて、有名なものに、ロシア皇帝に毎年、意匠を凝らして作られた「インペリアル イースター エッグ」があります、その素晴らしさと魅力、そして伝説を語るには、ここでは時間がかかりすぎます、多くのウエブや書籍が存在しているので、詳しくはそちらをご参照していただければと思います、(その方が正確だと思います)


その代わり、この深い青エナメルのカフスリンクスを手にいれたストーリーをお話しましょう、

私は、一時、ファベルジェのコレクションをつくりたいと思いついたことがあります、もちろんイースターエッグなどという途方もないものではなく、自分でもつかえるような小さな動物のオブジェ(貴石を削りだしたこれさえ、その細密は驚くべきものです)とか、ハンテイング犬を模った傘の柄、ジュエリーボックス、ジュエリーなど手が届く範囲のものです、








Prices on application






b0151357_2322458.jpg


 「ロッククリスタル(水晶) リバース ペインテイング カフリンクス」

1900~20年代ごろの、「リバースペインテイング」のカフリンクスです、「リバース(裏、逆)」というのは、文字通り、ロッククリスタル(硝子ではありません、透明度の高い水晶を削りだしたもの)の裏側からエナメルで絵を描いていくという技法で、その精密な絵のものは珍重され、この技法のコレクターもいます、

「良い絵」のものと出会うのも、いまでは難しくなりました、これは、18金の枠に、フレンチ(?)ブルドッグが描かれているのが珍しい、一時、ブルドッグをモチーフにしたジュエリーに凝って集め出したことがあったのですが、なかなか見当たりませんでした、
リバースのものは、何故かハンテイングシーンのものが多く、描かれる犬も猟犬が多く見受けられます、

これは、絵の仕上がりの精密さと表情も良く、細工も丁寧です、この時代の良いカフリンクスは、有閑人種によってパーソナルオーダーされたものが多いので、これも、ブルドッグ愛犬家の特注なのかもしれません、




Prices on application



b0151357_14583926.jpg


 「マイクロモザイク カフリンクス」

19世紀末、ターン オブ センチュリー頃の「マイクロ モザイク」のカフリンクスです、古い型の足式になっています、

マイクロモザイクというのは、微細な硝子、陶器などの小片を貼り付けていって、模様や絵を描くという手法で、手法としては3世紀あたりから見られるといわれています、
ヨーロッパの装飾美術館を訪ねると、マイクロモザイクで古い建物などを描いたブローチやペンダントを見かけることがあります、

どこかに出掛けるたびに、アンテイークショップなどを巡りカフリンクスを見て周りますが、マイクロモザイクのカフリンクスは珍しいと思います、

これは、何よりブルーを基調とした色合いが美しい、青いストライプのシャツなどに合わせると良いと思います、






b0151357_1544682.jpg

 「リバース ペインテイング ダブルカフリンクス」

これも1920~30年代のリバースです、典型的なハンテイングシーンのもので、ダブルカフの古い型のチェーン式になっています、

描かれた野に放たれた2頭の猟犬も、チャーミングな仕上がりだと思います、

これは、多分ロッククリスタル(水晶)ではないと思います、前述のブルドッグはハイジュエリーですが、こちらは、もっと日常使いのものとして製作されています、

それにしても、仕上がりは正確です、良く見ると枠にもデコっぽい意匠が凝らされています、ダブルカフというのもクラッシックです、










b0151357_2432664.jpg

 「リザードスキン カフリンクス」

1920年代頃の珍しいリザードスキンのカフリンクス、チェーン式になっています、あまりみかけたことがありません、ステッチワークを見ると、ハンドステッチになっていて、良い、正確なつくりです、ちゃんとチェーン式で、足もオーバルでこれもリザードスキンで仕上げているのもクラッシックで好ましい、

もしかしたら、その時代の好事家の特注なのかもしれません、
確かにカントリースタイルのツイードなどに合わせるのには金属より洒脱だと考えるダンデイがいるような気がします、ある意味で抜群に洒落ていると思います、











b0151357_2424245.jpg


 「ビクトリアン エングレイヴ カフリンクス」

渋い黒エナメル入りのビクトリアンのカフリンクスです、この時代のものは、足も一体でつくられたものが一般的です、そして、この足の卵型のふくらみがチャーミングで私は好ましいと思っています、

私がコレクションしているなかには、一枚のマザー オブ パール(真珠貝)を削りだして作られた、やはりビクトリアンのカフスリンクスがあります、環境汚染が問題となっている現代では、そんな大きな真珠貝はいまや手にし難いでしょう、

このカフリンクスは、色合いが年月を経て味のある古色になっていて、それと黒のエナメルが風情をだしています、男っぽい、物語を感じさせるカフリンクスだと思います、枠のエングレイブの感じも好ましい、

多分、このカフリンクスの中央にあるひし形の枠のなかに、自身のイニシャルを彫りこんで使ったのではないかなと思いますが、定かではありません、





b0151357_3404797.jpg

 「ビクトリアン パウダーブルーエナメル カフリンクス」

小ぶりなビクトリアンのカフリンクスです、やはり一体型の足になっています、

綺麗で上品な、バウダーブルーのエナメル仕上げで、センターに小さな、多分、淡水パールが埋め込まれています、

上品なカフリンクスだと思います、割となんにでもあわせ易いでしょう、サイズが少しこぶりだというのも愛らしいと思います、













by tailorrikughi | 2008-10-22 23:30 | ■Accessories(NEW)

The Collection / 8. 「100~ vintage 」


TAILOR CLASSIC   




b0151357_23531148.jpg




100 ビンテージファブリック」
 

最近見つけた、ビンテージ生地 100数種、ただし、これに限っては、数も多いので、残念ながら生地スワッチで見ていただきます、

およそ、50年代から70年代のものが中心となります、、どちらかというと英国の趣のある柄物が多いでしょうか、ビンテージのハリスツイード、60年代のシェットランドツイード、そして7plyのウーステッドなど、面白いと思います、

ただ、メーター数には限りがあります(なかには売れないものもあるかもしれません)、

ここでは、そのさわりだけ、ご紹介いたします、






b0151357_23335849.jpg 英国製 「ビンテージ 手織り シェットランドウール ハウンドツース」
 
手織りのシェットランドウールです、多分、60年代頃のものです、
手織りのものは、織機と違って、良いか悪いかは別として、表情がでます、
これは織機のものとくらべると、一種の温かみのあるハウンドツースです、仕立てると、この温かみが全体にでてきます、
そこが味わい深いと思います、シェットランド島で織られたリアルシェットランドウールです、いまは、ほとんど見かけません、





b0151357_2334537.jpg 英国製 「ビンテージ アルパカミックス ツイード」

美しいツイードです、ダークネイビーとグリーンのミックスに綺麗なパープルのプレイドです、生地でみるより、仕立てたスーツを見た方が美しさがわかると思います、きわめてタイトに織られた英国のツイードですが、少し珍しいのは、アルパカ&ウールになっているところで、風合いの割りに軽く、極めてしなやかに仕上がっています




b0151357_233554100.jpg 英国製 「ビンテージ オーバープレイド ツイード」

50,60年代頃のツイードです、典型的な低速織機の織物です、きわめてタイトに織られていて、質も正直な織りで良いと思います  
クラッシックな英国カントリースタイルですが、地の杉綾のミックスの色合いが実に趣深く、それに、やや細めのオレンジ、赤のプレイドのバランスが良いです、今みても古臭くもなく絵画的で美しいと思います、




b0151357_23363340.jpg 英国製 「ビンテージ エンジオーバープレイド カシミア&ウール」

これは比較的新しいと思います、ウール&カシミアでタッチも非常に良いですが、しっかりタイトに織られています、しなやかで、リッチです、
ダークネイビーにエンジのプレイドで、地は杉綾になっています、大胆にみえますが、スーツにすると英国のデイグニテイも感じられてかっこ良いと思います、厚みのある生地なので、タウンコートを考えても良いかもしれません、





b0151357_23373926.jpg 英国製 「ビンテージ ソルト&ペッパー 変わりプレイド」

これも60年代頃のものでしょうか、典型的な低速織機の織物です、ただ、きわめてタイトに織られていますが繊細な表情を持っています、
地の霜降りのミックスが上品で、効果的です、そのうえのオレンジのダブルプレイドも繊細です、
クラッシックですが、見かけないデザインです、繊細さがあります、質も、この時代のものでは良いと思います





b0151357_23383053.jpg 英国製 「ビンテージ ツイード」

いかにも英国の「趣味のツイード」という生地です、割とこういう生地が好みなのです、多分、イギリスの田舎とかによく行ったせいなのかなあ、地はカントリーブラウンでオーソドックスなのですが、そこに、パープル(!)、とオレンジの大きめのオーバープレイドが入っています、
地味な色に、少し驚くぐらいの美しいオーバープレイド、英国のプライベートガーデンの、自然のままにみえるけれど、そこにハっとするような、紫とかオレンジの花が咲いている、という情景が眼に浮かびます、実際に、あるスコットランドのミルのデザイナーとお茶話をしていたとき、よく美しい庭や自然を見てデザインを思いつくと言っていました、ツイードの意外な色あわせのヒントはそこにあったのですね、

これで、ハッキングジャケットを仕立てて、そういう美しい風景の中に溶け込みたいなあと思います、
こういう生地を見ると、どうしても英国の天候を想像しがちで、スーツとかジャケットを考えてしまいますが、東京だと丈の短い、いつも羽織るようなコートを、この色合いのプレイドでつくって、インナーは綺麗なライラックとか温かみのあるオレンジのカシミアのセーターというのも面白いかなと近頃は思います、








「ティラー六義」
中央区銀座一丁目21番9号
phone 03-3563-7556 e-mail bespoke@rikughi.co.jp
(appointment required 要予約)


BACK≪ ≫ NEXT  




無断転載、画像の無断複写を禁じます。
copyright 2008 Ryuichi Hanakawa


























by tailorrikughi | 2008-10-14 00:06 | 8.100more ビンテージ

The Collection / 7. Classic Cotton Corduroy & Velvet


TAILOR CLASSIC   




b0151357_12213842.jpg








「コーデュロイ と ベルベット」


クラッシックビスポークで用いられる生地は、主には羊毛や獣毛ですが、ただふたつの綿織物、「コーデユロイ」と「ベルベット」に限っては、これも、また、クラッシックな味わい深い素材として、好事家の間で愛され続けています、  

野趣あふれるコーデユロイ、妖しい光沢のあるベルベットと、同じ綿織物でありながら対象にあり、そして、共にならではの「世界観」をもっています、ウーステッドなどとは違う、この「世界観」に私たちは魅かれるのだと思います、










b0151357_2365896.jpg米国製 「ビンテージ クロンプトン コーデュロイ ペイルベージュ」

冒頭のイラストは、1934年10月の「エスクワイア」に掲載された「クロンプトン コーデユロイ」の広告です、

何故、英国製ではなく米国のコーデユロイなのか、
それは、下のウインザー公の写真に、その訳があります、

ウインザー公は、毎年ニューヨークに足繁く通い、ウオルドルフタワーの瀟洒なアパートメント28A号室というのが公のマンハッタンでの「居城」でした、公だけでなく、昔からヨーロッパ社交界とニューヨーク社交会は、持ちつ持たれつ密接な関係にあり、特に公は、王位を放棄してから、暖かく敬意をもって迎えてくれる夫人の故郷アメリカに思い入れがあったようにも思います、

公が、そのスーツのトラウザーズだけはマンハッタンのテーラー「ハリス」に仕立てさせていたのは有名な話ですが、アメリカで公は、特にふたつのお気に入りの素材に出会います、そのひとつがシアサッカー、そしてもうひとつが、英国のものに比べると、極めて軽く、しなやかで色鮮やかな「コーデユロイ」です、英国の暗く、夏のない天候のなかで育った重い生地に慣れ親しんでいた公にとって、この生地との出会いは印象的だったようで、その著述や、インタビューでも何度も触れています、考えてみれば、「軽やかさ」と「色あわせ」を身上とする公にとって、自らにふさわしい素材との出会いだったのでしょう、





b0151357_12175945.jpg
公のスーツのレファランスともいえる有名な「スワッチ ボックス」を覗くと、公が驚くほど様々な色合いのこのコーデユロイでワードローブを仕立てさせているのが分かります、(シンプルに画像で読み取れるものを数えるだけで、24色!ある、)


私は、以前からこの「アメリカ製の軽やかなコーデユロイ」というのが気になっていました、しかし、当初は、それが「クロンプトン コーデユロイ」というミルのものだということさえ知りませんでした、単にアメリカのものは、すべて軽く織られているのだろうぐらいに思っていたのです、

そこにたどり着くまでに、マンハッタンの「チップ」や今はなくなった「フィルズ」という異色のメンズショップなどを辿り、やっと、それが「クロンプトン」という当時、高級コーデユロイで一世を風靡したミルのものであることが分かったのです、このミルも、すでにありません、

そして、この「クロンプトン コーデユロイ」を手に入れるまでも長かった、結局、それもまったくの偶然でした、

さて、この「クロンプトン コーデユロイ」です、思った以上に(?)「質」があります、当初は、コーデユロイという偏見(?)があって、独特の味わいは別として、そう期待していなかったのです、

このコーデユロイは、製法の違いもあるのでしょうが、ベルベットのように見る角度で色味がかわる「光沢」があります、これは意外な喜びでした、「質」が良いのです、
確かに軽い、軽いというよりは柔らかい、糸自体も違うのかもしれません、英国のものと比べると、大げさに言えば、カシミアとツイードの違いほどタッチに差があります、これほど差があるとは思いませんでした、

コーデユロイというよりは、西独のベルベットに近いような気がします、手に入れたのは、少し黄味がかった淡いベージュ(写真よりは、黄色味があります)と、良い色合いのオリーブグリーンです、どちらも、発色が上品だと思います、そう、これはコーデユロイにしては、野趣というよりは上品なエレガンスを感じさせる生地というのが正しい印象かもしれません。

(フルビスポーク スーツ価格 ¥367,500<税込み>)





b0151357_10584024.jpg西独製 「ビンテージ ベルベット」

「西独」製です、つまり、まだベルリンの壁が厳然とあった時代のものです、
昔から、眼のきくテーラーの間では、コットンベルベットに関しては西独のミルのものが最上とされていました、
その狂いの無い正確な織り、滑らかな毛足、

しかし、いまやこのコットンベルベットもあまり見なくなりました、

コットンベルベットは、仕立て屋にとって少し手間のかかる素材です、
先ず、この生地を使って、仮縫いはできません、ウエイトの似た別生地で仮縫いを行う必要があります、それはアイロンを下手にかけてしまうと毛足が寝てしまうからです、この生地で仮縫いをしてしまうようなテーラーは信用しないことです(まずいないでしょうが、、)、実際に縫う段においても、ピンロードと呼ばれる針が飛び出た、いわば「針のむしろ」のようなものの上でアイロンを当てていきます、ズレがでないように気をつけなければなりません、神経を使います、



b0151357_11153165.jpg化繊がはいったものは問題外ですが、シルクベルベットでなく、手間のかかるコットンベルベットに拘るのは、そのしなやかにドレープしながらも、温かみのある分量感です、

これは、個人的な「偏見」ですが、シルクだとちょっとフェミニンっぽい気がするのです、紳士が生涯にわたって愛用するには、このコットンベルベットの方が味わいが出て、かつ一種のスノッブな良い意味での「気取り」があるように思えます、ちょっとノスタルジックなエレガンスとダンデイズムが匂います、

漆黒のもの(上の写真、実物はまさに光沢をもった漆のような黒です)とは別に、ちょっと変わった色も手に入れました、右の温かみのある「トープ ベージュ」です、少し懐古的なスーツに仕立てて昼の装いに用いても良いと思います、または思い切って、エドーワーデイアンなコートに仕立てることも夢想します、まさしく「one of kind」なコートになることでしょう、ベルベットという素材は、ウーステッドにはない「世界観」を持っています、






























「ティラー六義」
中央区銀座一丁目21番9号
phone 03-3563-7556 e-mail bespoke@rikughi.co.jp
(appointment required 要予約)


BACK≪ ≫ NEXT The Collection / Cashmere  




無断転載、画像の無断複写を禁じます。
copyright 2008 Ryuichi Hanakawa






by tailorrikughi | 2008-10-08 02:55 | 7.ビンテージ コーデュロイ