カテゴリ:1.Chalk Stripe Suits( 1 )

Classic Chalk stripe Flannel suits


TAILOR CLASSIC




b0151357_2337231.jpg

Art&ClassiC



「Classic Chalk Stripe Suits」


チョークストライプのスーツは、男のワードローブにはマストな一着だと思います。大人の男のスーツというのは、この柄から始まる - という個人的な思い入れがあります。
特に、この生地をダブルブレステッドのイングリッシュドレープに仕立てたとき、男のデイグニテイーとクラッシックな品の良さが最も出るように思います。チャコールグレー地に白のチョークや、ネイビー地(英国的な少し明るめのもの)にホワイトチョークなどのスーツは タイムレスな エレガンスを持っていると思います。

ところで、この生地で、重要なのは、まさしく 白墨(チョーク)で線を引いたように、所々 かすれ、消え入りソウナ風情です。これが、この生地の魅惑です。

もうひとつ こだわると、ストライプの間隔です。 

加えて、 この柄は、原則的に ミルド フィニッシュ(少し毛がたった)仕上げの フラノ地が よく似合います。このクラッシック フラノは 英国のウエストヨークシャーの ミル(生地工場)の 「お家芸」ですが、 従来は 400gある 重い生地でした。
いかにも、英国の風土から 出てきたものですから仕方はないのですが、エアコンデイションが普及した現代では少し重いと思います。ただ、困ったことに この「重み」のある質感が この生地の味わいを支えているのです。

”理想のチョーク”を求めて、、、ヨークシャーのミルを頼って 織らせてみることにしました。
この生地は 顧客用のサンプルを織る 古い織機で 織ってもらったものです。
 ミルのチーフデザイナー氏のアドバイスもあり、コンポジションを Finest ラムウール95%と カシミア5%に変更して、仕上がりの見た目の「重み」は、そのままに、200-270g、300gという フラノでは極めて 軽量なものが出来上がりました。
これは、日本では 3シーズン着られるウエイトです。

■  TAILOR CLASSIC








b0151357_2353657.jpgRIKUGHI specilal wooven flannel(英国製)
「イングリッシュネイビー  ホワイトチョークストライプ」
ウエストイングランド クラッシック フランネルの風合いをそのままに、290gから300g(ラムウール95%、カシミア5%)という軽さに仕上げました。

















b0151357_23152753.jpgRIKUGHI specilal wooven flannel(英国製)
「チャコールグレイ  ホワイトチョークストライプ」

六義のスペシャリー ウーブン(特注)のチョークストライプのフランネルは、そのストライプの間隔で3種類揃えてあります。
上の写真のイングリッシュネイビーのものが、その中でも、一番、間隔の広いものになります。これは(右の写真)、中間サイズの間隔のものです。

色は、イングリッシュ・ネイビー(この色だしには拘りがあります)、チャコールグレイ、トップグレイを基本としています。












b0151357_2316076.jpgRIKUGHI specilal wooven flannel(英国製)
「イングリッシュネイビー  ホワイトチョークストライプ」

こちらは、最もストライプの間隔の狭いもの。ストライプの間隔によって、仕立て上がりの印象も若干、違ってきます。お好みと用途によって、正しい間隔のものをアドバイスさせて頂いております。
















b0151357_23164141.jpgRIKUGHI specilal wooven flannel(英国製)
「チャコールグレイ  ホワイトチョークストライプ」




























「ティラー六義」
中央区銀座一丁目21番9号
phone 03-3563-7556 e-mail bespoke@rikughi.co.jp(appointment required 要予約)

無断転載、画像の無断複写を禁じます。
copyright 2008 Ryuichi Hanakawa

by tailorrikughi | 2008-06-30 23:11 | 1.Chalk Stripe Suits