カテゴリ:■「ボタン」の愉しみ( 1 )

「ボタンの愉しみ」



TAILOR CLASSIC   
21st Century
Elegancy

Art&ClassiC

「ボタンの愉しみ」
title copyright 2017 MOMOTOSEDO, Ryuichi.Hanakawa.

b0151357_17144679.jpg





アトリエの地下の「RED ROOM 」にはおよそ19世紀から20世紀に至る私が選びぬいた生地が眠っている。
いっさい染めていない産毛のようなラクダの内毛を織った本物の「キャメルヘアー」や1900年代の「オリジナル」チョークストライプ、18世紀あたりのシルクの「ウオーターマーク(モアレ)」など話し出せばきりがないからそれは次回に譲ろう。
今回はそれらの「宝もの」の一部が積み上げられている漆黒の棚の「引出し」に詰め込められた「ボタン」の話である。
「ボタン」もまたビスポークの大いなる「愉しみ」のひとつである。
ここには私が20代から主に英国のアンテイークマーケットを探し発掘した18世紀から20世紀初頭のハンテイングボタンや特徴的な紋章のはいったライブリーボタンが秘蔵されている。「ボタン」は「生地」よりもさらに歴史を遡って蒐集されている。「ボタン」も話し出すときりがない、、、


b0151357_17290592.jpg

by tailorrikughi | 2017-05-15 17:15 | ■「ボタン」の愉しみ