カテゴリ:8.100more ビンテージ( 1 )

The Collection / 8. 「100~ vintage 」


TAILOR CLASSIC   




b0151357_23531148.jpg




100 ビンテージファブリック」
 

最近見つけた、ビンテージ生地 100数種、ただし、これに限っては、数も多いので、残念ながら生地スワッチで見ていただきます、

およそ、50年代から70年代のものが中心となります、、どちらかというと英国の趣のある柄物が多いでしょうか、ビンテージのハリスツイード、60年代のシェットランドツイード、そして7plyのウーステッドなど、面白いと思います、

ただ、メーター数には限りがあります(なかには売れないものもあるかもしれません)、

ここでは、そのさわりだけ、ご紹介いたします、






b0151357_23335849.jpg 英国製 「ビンテージ 手織り シェットランドウール ハウンドツース」
 
手織りのシェットランドウールです、多分、60年代頃のものです、
手織りのものは、織機と違って、良いか悪いかは別として、表情がでます、
これは織機のものとくらべると、一種の温かみのあるハウンドツースです、仕立てると、この温かみが全体にでてきます、
そこが味わい深いと思います、シェットランド島で織られたリアルシェットランドウールです、いまは、ほとんど見かけません、





b0151357_2334537.jpg 英国製 「ビンテージ アルパカミックス ツイード」

美しいツイードです、ダークネイビーとグリーンのミックスに綺麗なパープルのプレイドです、生地でみるより、仕立てたスーツを見た方が美しさがわかると思います、きわめてタイトに織られた英国のツイードですが、少し珍しいのは、アルパカ&ウールになっているところで、風合いの割りに軽く、極めてしなやかに仕上がっています




b0151357_233554100.jpg 英国製 「ビンテージ オーバープレイド ツイード」

50,60年代頃のツイードです、典型的な低速織機の織物です、きわめてタイトに織られていて、質も正直な織りで良いと思います  
クラッシックな英国カントリースタイルですが、地の杉綾のミックスの色合いが実に趣深く、それに、やや細めのオレンジ、赤のプレイドのバランスが良いです、今みても古臭くもなく絵画的で美しいと思います、




b0151357_23363340.jpg 英国製 「ビンテージ エンジオーバープレイド カシミア&ウール」

これは比較的新しいと思います、ウール&カシミアでタッチも非常に良いですが、しっかりタイトに織られています、しなやかで、リッチです、
ダークネイビーにエンジのプレイドで、地は杉綾になっています、大胆にみえますが、スーツにすると英国のデイグニテイも感じられてかっこ良いと思います、厚みのある生地なので、タウンコートを考えても良いかもしれません、





b0151357_23373926.jpg 英国製 「ビンテージ ソルト&ペッパー 変わりプレイド」

これも60年代頃のものでしょうか、典型的な低速織機の織物です、ただ、きわめてタイトに織られていますが繊細な表情を持っています、
地の霜降りのミックスが上品で、効果的です、そのうえのオレンジのダブルプレイドも繊細です、
クラッシックですが、見かけないデザインです、繊細さがあります、質も、この時代のものでは良いと思います





b0151357_23383053.jpg 英国製 「ビンテージ ツイード」

いかにも英国の「趣味のツイード」という生地です、割とこういう生地が好みなのです、多分、イギリスの田舎とかによく行ったせいなのかなあ、地はカントリーブラウンでオーソドックスなのですが、そこに、パープル(!)、とオレンジの大きめのオーバープレイドが入っています、
地味な色に、少し驚くぐらいの美しいオーバープレイド、英国のプライベートガーデンの、自然のままにみえるけれど、そこにハっとするような、紫とかオレンジの花が咲いている、という情景が眼に浮かびます、実際に、あるスコットランドのミルのデザイナーとお茶話をしていたとき、よく美しい庭や自然を見てデザインを思いつくと言っていました、ツイードの意外な色あわせのヒントはそこにあったのですね、

これで、ハッキングジャケットを仕立てて、そういう美しい風景の中に溶け込みたいなあと思います、
こういう生地を見ると、どうしても英国の天候を想像しがちで、スーツとかジャケットを考えてしまいますが、東京だと丈の短い、いつも羽織るようなコートを、この色合いのプレイドでつくって、インナーは綺麗なライラックとか温かみのあるオレンジのカシミアのセーターというのも面白いかなと近頃は思います、








「ティラー六義」
中央区銀座一丁目21番9号
phone 03-3563-7556 e-mail bespoke@rikughi.co.jp
(appointment required 要予約)


BACK≪ ≫ NEXT  




無断転載、画像の無断複写を禁じます。
copyright 2008 Ryuichi Hanakawa


























by tailorrikughi | 2008-10-14 00:06 | 8.100more ビンテージ