カテゴリ:3.Country Sports( 1 )

The Collection / 3.Country (Sports)Style Collection

TAILOR CLASSIC


b0151357_1351132.jpg








「CLASSIC  Country Sports Style」

クラッシック スタイルのなかで、趣き深いものに「カントリー(スポーツ) スタイル」があります。
ハンテイングや、シューテイング、などのスポーツ時のもの、そして乗馬を愉しみ、田舎での生活を愉しむスタイル、タウンスーツと比べて、文字通り機能とともに、パーソナルな趣味や、愉しみを現しているものが多く、私の好きなスタイルです。

そして、そこで使われる生地もまた、タウンスーツとは違う趣き深いものがあります。チェックや、ハウンドツース、或いはバリコーンウイーブなどの特殊なもの、そしてヘビーツイルや3ply、ツイード、スポーツと呼ばれる厚手のしっかりタイトな織りのものなど、、、私は、どうしてもこれらに魅かれてしまいます。探っていけば、いくほど奥深く、様々な織り、様々なデザイン、様々な用途と、魅了されていき、コレクションのなかでも内容の豊富なものとなっています。





b0151357_127749.jpg英国製
「Dormysports」

ドミュール(ドーメル)には、英国製とフランス製があり、現在は高番手のものに力をいれているように思いますが、ビンテージで残る「Sports」コレクションにはいかにも英国のクラッシックといえるものがあります。
通常は、かなりタイトに織られた頑丈な、色もグレーを基調とした「Sportex」と名づけられたものが馴染み深いですが、
これは、英国製のドミュールスポーツ(カントリー)コレクションの中でも、あまり見ない上級クラスの「ドーミスポーツ」と名づけられたものです。
「バリコーンウイーブ」という、ちょっと変わった織りかたで、生地の耳に星が3つつけられていることからも分かるように、タイトに織られているのですが、しなやかで、糸の良質なのがわかります。(イタリア製の生地などでは、生地の質の優劣に限らず、何でも(?)生地の耳に星をつけたがる傾向(?)があるようにも思えますが、その点、英国製の方が正直で、ミルとして製作に力の入った生地に星をつけてアピールしています。ただ、現在は高番手のものに、主につけられているようにだけ見受けられますが、、、)

同じドミュールの単に「Sports」と名づけられた、タイトな硬さのある生地もコレクションしていますが、それに比べるとこの生地の特殊性がよく分かります。  


b0151357_1313179.jpg英国製
「ビンテージ キャバルリーツイル」(60~70年代)

写真では分からないと思いますが、いまのキャバルリーツイルと呼ばれるものとは明らかに質が違います。
非常にタイトに織られていて、極めて肉厚です。これほど肉厚のもは珍しいと思います。この生地は、主にはクラッシックなカントリートラウザーズに使われていたもので、昔は、ハッキングジャケットのボトムといえば、このキャバルリーツイルのトラウザーズが紳士の定番でした。
多分、一生、或いは次世代までは軽くもつと思います。



b0151357_1274927.jpg英国製
「Semi-sports Worsted with Purple overplaid」


これは、セミスポーツ(タウンユースとしてもつかわれるカントリーテイストのスタイル)の生地としては、傑作のひとつでしょうね。
少し毛足のあるビンテージですが、今ではお目にかかれない独特のデザインで、きれいなパープルのサブデュード(控えめな)オーバープレイドが入っています。そして、糸が非常に良い。
一見、プリンス オブ ウエールズにみえて、違います。その雰囲気をパターンではなく織りで表現してあるのです。秀逸だと思います。




b0151357_1465532.jpg英国製
「ラムウール ツイード」

上質なピュア ラムウールのクラッシック ツイードです。
ピュアラムウールのツイードは肉厚でタイトに織られていますが、極めて軽く、かつ空気を孕んで暖かくもあります。ただ、上質なラムウール100%のものはやはり少ないと思います。
これは、何より色とデザインがいかにも英国の田舎を思わせるもので、しかも色合いが上品です。



b0151357_1321040.jpg 英国製
「ラムウール ツイード / クラッシック エステイトツイード」


これも、ピュアラムウールのツイードです。質も上のものと同等に極めて良質です。
ウインザー公の今に残るハンテングの写真で、このエステイトツイードの柄に似たハンテイングトラウザーズを着こなしていました。
非常に良い色合いです、大胆にみえますが、これはエステイト(領地)をあらわすクラッシックな柄です(ハンテイングの際には、遠くからでも識別できるように、また誤射を防ぐために、各領地で固有の柄が決められていました。)  



b0151357_1293998.jpg英国製
「ビンテージ ラムウール ツイード / ラボットグリーン」


これは、ラボットグリーンと呼ばれる、英国人に非常に好まれる色です。カントリーテイストの生地といえば、このラボットグリーンを代表とします。

これは、ピュア ラムウールで織られたツイードですが、上のものよりは、よりタイトに織られています。ラボットグリーンにサブドユードのエンジのオーバープレイドが入っていて、お手本のようなクラッシックカントリーデザインです。
実は、この生地と同じデザインのスーツが、1937年のエスクワイアにフェローズのイラストレーションで載っていて、それと同じものを探し回ったのです。これも、セミスポーツのまさしくクラッシックです。






b0151357_1302088.jpgスコットランド製
「カントリー プレイド/ リード&テーラー 70年代」

いまでこそ、ジェイムス・ボンド映画に高番手の生地を提供する「リード&テーラー」(歴史のあるミルです)ですが、経営者が変わる前までは、リード&テーラーといえばハイツイスト(糸を撚って、よりタイトに頑丈に織られた)のウーステッドで有名でした。

これは、70年代の強くタイトに織られた、カントリープレイドです。デザインは極めて、クラッシクな英国カントリーテイストのものです。
英国の茶は、その表現が独特で、いわゆるブラウンではなく捻った色だしをしています。英国では、ブラウンのスーツはあまり着ないのです。ですから、茶を色だしするときは、着るに足る茶に工夫するのです。逆にいえば、英国の茶の生地は独特で、工夫があって秀逸なものがあるということです。
この茶も、実に良い表情をしています。



b0151357_1325889.jpg英国製
「ケドラン ウーステッド」


ちょっと珍しい生地です。ケドラン ウーステッドのクラッシックなスポーツチェックです。
スポーツといえば、昔はこのチェックが代表していました。いまのチェックとは違います。味のある独特の配色です。極めてクラッシックなチェックで今はなかなか見つかりません。
タイトに織られていて、フラップ付きの胸ポケットや、スラントポケットのジャッケット、或いは、旅行用のコートなどにも使われていました。






b0151357_1391542.jpgスコットランド製
「カントリー ハウンドツース」


このミルは、歴史のあるミルなのですが、ときにクラッシックな柄を大胆にリ-デザインすることで評価が高い織り手です。
このカントリー ハウンドツースも、イエローのオーバープレイドになったところだけが、独特の立体感のある織りになっています。よくみると、このイエローのハウンドツースは、わざと上に重ねて織られているのです。ですから、黒のハウンドツースの上に重ねられたところと、グレーのハウンドツースに重ねられたところが、にじんだような表情を見せています。
非常に凝った特殊な織り方で、これ以外には見たことがありません。
少し、シルクが入っています。それも、このハウンドツースに表情を与えています。










b0151357_14593178.jpg英国製
「ハイツイスト カントリー ウーステッド」


いかにも英国らしい生地です。ハイツイスト(糸を強く撚ることによって、腰のある生地になる)の極めて打ち込みの多い、密に織られたもので、ほとんどクリースフリー(しわが寄らない)といえます。硬く、ハリがあります。多分、一生どころか何代も着続けられます。これほどタイトに織られている生地は、今では珍しいでしょう。

デザインも品の良い変わりハウンドツースで、これを探すのには実は苦労しました。ハウンドツース好きの私としては、ブラック&ホワイトはもう何着か持っているので、色違いのハウンドツースを探していたのですが、どれを見てもやはりブラック&ホワイトに勝るものが見あたりませんでした。
ヨークシャーの生地屋に眠っていたこれを発見したとき、生地の質もクラッシックで、写真ではわかりにくいですが、遠めでうっすらとウインドペインに見える配色が秀逸で、自分の望んでいたもの、質、品の良さ、クラッシックだけど少しひねくれている自分の感性、それらに適うものがあって惚れ込んでしまいました。

これは、本格的なハッキングジャケットやバイス ウイングジャケットに向いています。が、せっかくのこの生地ですから、少しダンデイ趣味の変わったデイテール、ハーフムーンポケットとか、ポケットやフラップの大きさとか形にこだわるとか、を入れてみたいものです。















「ティラー六義」
中央区銀座一丁目21番9号
phone 03-3563-7556 e-mail bespoke@rikughi.co.jp(appointment required 要予約)

The Collection / The ShirtsBACK≪ ≫NEXT  「The Collection Overcoating」  
無断転載、画像の無断複写を禁じます。
copyright 2008 Ryuichi Hanakawa



by tailorrikughi | 2008-08-27 01:33 | 3.Country Sports