カテゴリ:1.Chalk Stripe Doubl( 1 )

Classic tailoring 1. / Chalk Stripe Double Breasted Suits with waistcoat


TAILOR CLASSIC

b0151357_1629528.jpg

Art&ClassiC



英国のフォックスで織らせた、フラノのチョークストライプで仕立てたダブルブレステッドスーツです、古典的にダブルブレストのウエストコートをあわせています、

1930年代のイングリッシュドレープの極めてクラシックなシルエットで、上着からブレーシーズ仕様のトラウザーズへ流れるラインが特徴的で男の装いとしては美しいクラシックの代表のひとつともいえるものです、

フォックスで織らせたこのフラノは、コンポジションも極めて上質のラムウールとカシミアを混ぜ、良くタイトに織られていますが、クラシックな表情はそのままに軽く仕上げています、ウエイトとしては、通年着られるぐらいです、何より、糸の良さが贅沢な柔らかさを現しています、

ストライプの幅も素直で、グレーの色も押さえ気味で、控えめなエレガンスがあります、ただし、ラペルの独特な作り方、脇で絞るのではなく胸のふくらみからウエストにかけて立体的に削っていくシェイプ、ブレイシーズ仕様のトラウザーズのラインと一体化するように上着の裾を巻き込むように縫って独特の流れのあるラインなど、今は知る人の少ない、「ルーリング クラス」のクラシックの仕立てになっています、




Correct style & Timeless Quality
OUR Favorite Cordination
RIKUGHI | Bespoke Suits


b0151357_16305021.jpgShirts 「六義 bespoke Shirts」(フルハンドメイド 仮縫い付き ¥50000税抜き本体価格
20匁スイス製シルク使用)

Tie「Vintage Tie」(アメリカ製ハンドフィニッシュ アンライニング ¥12000 税抜き本体価格)

Pocket Square「RIKUGHI GINZA 1」(ハンドロール仕上げ ¥7800 20匁日本製シルク使用)




b0151357_1632483.jpgbespoke shirts

薄いグレーのボデイにオフホワイトの襟の、シルクのクレリックシャツ。ダブルカフ仕上げ、あえてナットボタンをつけてみました。ちょっと、ノスタルジックなシャツです。
マネキンに着せると奇妙にシワがよってみえますが、ビスポークシャツの場合、仮縫いをしながら立体裁断をしていくので、本人にしかフィットしません。しかし、シワの寄り具合から、右肩の方が、左肩よりかなり前肩になっているのが分かるように思います。ビスポークの場合、完全に既存のパターンを忘れ、ボデイが必要とするパターンを描いていきます。かなり解剖学的です。
腕の付け根の部分にはハンドステッチ、ネックの留めはクラッシックなダブルボタンになっています。
ダブルカフスの場合は、着けられるカフスボタンの種類(チェーン式、スナップ式、留め具式など)によってカフの形を変えていきます。
生地は量感のある20匁のスイス製シルクを使用しました。写真では生地の色と質感が現れませんでしたが、実物はホリゾンタルにかすかにヘアラインがあるニュアンスのあるグレーベージュです。




b0151357_1633942.jpg
Double Brestead Waistcoat

マネキンにビスポークスーツを着せるのには限界があります。仕立てのフィット感がなかなか現せません。とくに、このスーツは、トラウザーズとジャケットの流れが30年代の美しいシルエットをつくっているものなので、それをお見せできないのが残念です。
ダブルブレステッドのスーツにも、ウエストコートをあわせるのがエレガントだと思います。座ってボタンをはずした時、姿が美しいと思います。
とくに、ダブルブレスのウエストコートはクラッシックで味わい深いと思います。





















「ティラー六義」
中央区銀座一丁目21番9号
phone 03-3563-7556 e-mail bespoke@rikughi.co.jp(appointment required 要予約)



 「Double Breasted Four button Suits」 BACK≪ ≫NEXT 




無断転載、画像の無断複写を禁じます。
copyright 2008 Ryuichi Hanakawa

by tailorrikughi | 2008-07-31 16:39 | 1.Chalk Stripe Doubl