カテゴリ:3.Window Pane Suits( 1 )

Classic tailoring 3./ Navy Window Pane Suits with Lapeled Waistcoat( Full Handmade Bespoke Suits)


TAILOR CLASSIC



b0151357_1313956.jpg

Art&ClassiC


これも、フォックスで織らせたエクストラファインのラムウールとカシミアのフラノです、極めてタッチの良い贅沢感のある仕上げになっています、

ネイビー地にオフホワイトのウインドウペインのフラノは、いかにも英国的で、意図的に非常に古典的な仕立てにしてあります、ラペル、ウエスコートの在り方、袖のクラシックなカフ、サイドベンツの切り方などのデイテールのひとつひとつ、なにより、胸にボリュームをもたせ、ウエストかに向かってかなり削ったライン、マスキュリンで雰囲気のある後姿が特徴的です、




Correct style & Timeless Quality
OUR Favorite Cordination
RIKUGHI | Bespoke Suits



■画像をクリックしていただくと大きい画面が表示されます。
b0151357_1323344.jpgShirts 「RIKUGHI GINZA 1」 (Ready to Wear ¥21000 税抜き本体価格 英国製シーアイランドコットン使用)

Tie 「RIKUGHI GINZA 1(ハンドメイド 7フォールドタイ ¥21000 税抜き本体価格 英国製シルク使用)

Pocket squre 「RIKUGHI GINZA 1」(ハンドロール仕上げ ¥7800 税抜き本体価格 英国製シルク使用)


■RIKUGHI 「GINZA 1」は新しくスタートするハンドメイドのレデイ トウ ウエア ラインです。






b0151357_1334429.jpg美しい後姿、、、 正面からだけではなく、ビスポークスーツは、あらゆる角度からみて矛盾を正し、美しさを構築していきます。
デイテールの必然は、その美しさを演出するために選びます。デイテールだけが一人歩きするものではありません。
スラントポケットの角度、チケットポケットの位置、、、それらは、全体の美しさを計りながら決められていきます。場合によっては、スーツにあわせスラントはかなり急角度で切られることもあります。美しさは「あいまいさ」からは生まれません、クラッシックはときに大胆です。
ここでは、袖を一周するクラッシックなつくりのカフ、少し大きめのカバードボタン(くるみボタン)を配しました。







b0151357_1353100.jpgこのスーツはヨークシャアで織られたカシミアウールのフラノで仕立てました。 
カントリーテイストのタウンスーツで、ラペルのついたウエストコートをあわせています。写真では分かりませんが、裏地には70年代のパターンドシルクが張られています。





b0151357_1361811.jpgコーデイネーションは、 グレイ地に細かいダークネイビーの杉綾のストライプのシャツ(ちょっと変わった生地です。シーアイランドコットンですが、ウエイトがあります。)、非常に細かい、ダークネイビーとホワイトのスピタルスフィールドのタイ、そしてポケットスクエアは光沢のあるグレイ、少しベージュ味があるでしょうか。























「ティラー六義」
中央区銀座一丁目21番9号
phone 03-3563-7556 e-mail bespoke@rikughi.co.jp(appointment required 要予約)

「Blackwatch Suits 」  BACK≪ ≫NEXT  「Double Breasted Four button Suits」 






無断転載、画像の無断複写を禁じます。
copyright 2008 Ryuichi Hanakawa

by tailorrikughi | 2008-08-06 13:07 | 3.Window Pane Suits