カテゴリ:5.Navy Town Suits( 1 )

Classic tailoring 5. / Dark Navy Town Suits with double breasted waistcoat



TAILOR CLASSIC

b0151357_18243178.jpg

Art&ClassiC







Correct style & Timeless Quality
OUR Favorite Cordination
RIKUGHI | Bespoke Suits




b0151357_1825352.jpg Shirts 「RIKUGHI Bespoke Shirts」 (フルハンドメイド 仮縫い付き¥50000 税抜き本体価格 スイスコットン使用 クラッシック タブカラー)
このシャツの生地は、70~80年代のスイスコットンを使っています。クラッシックなラウンド衿のクレリックで、フレンチカフ(ダブルカフ)に仕上げました。
ボデイは、白地にクラッシックなネイビーの変わりストライプです。非常にタイトに織られていて、表示はなかったのですが、多分シーアイランドコットンだと思います。
細い青と太目の青が組み合わさった変わりストライプが、クラッシックで男っぽくて、探そうと思うとなかなか見当たらないものなので、重かったですが1反、スイスから持ち帰りました。プライベートな旅行中に見つけたものです。
衿は、少し大きめのラウンドのタブカラーです。タブも、ボタンでしめるクラッシックなタイプにしました。タイは、やや大きめの柄のハウンドツースプリントです。

Tie 「VINTAGE TIE」(フランス製 非売品 )

Pocket squre 「RIKUGHI GINZA 1」(ハンドロール仕上げ ¥7800 税抜き本体価格 日本製20匁シルク使用)





b0151357_18434073.jpgこれは、非常にマスキュリンにフィットさせたスーツです。

かなり、なで肩に落とした肩のライン、アスレテイックな胸と、ウエストに沿って立体的に削られるシェイプ、身体に沿って弓を描く背のライン。そして、見た目よりは柔らかく仕立てています。ちょっとダンデイズムを匂わせるのは、ダブルブレステッドのウエストコートを合わせているところです。

英国製のスーパー150‘s & カシミアの310gぐらいを使用して、色はダークなネイビー、このスーパー150‘sは、高番手のわりに生地の量感があります。そういうものを探し歩いたのです。高番手のものも、いろいろ試しましたが、問題は生地の厚み、量感です。いまの200‘sとか見ると、先ずペラペラなのです。

一時、「番手神話」のようなものがうまれて、ただスーパーの値が高ければ高級という日本人が陥りやすい風潮がありました。はっきり言えば、これは誤りです。高番手で薄いものは、スーツを仕立てるには不向きです。そして、同じスーパーの値でも質のバラつきもあります。英国ミル以外には、あまり手を出さない方が良いかもしれません。スーパーの値よりも、なにより糸の良さ、生地の表情を見抜くことが大切だと思います。


b0151357_18455747.jpgマネキンに着せると、やはり変なシワがよってしまいます。
ただ、ウエストラインだけでなく背中から包み込むように、立体的に身体のラインにあわせて、思い切り良くフィットさせているのが分かると思います。
メリハリのないただタイトなだけのスーツはかえって貧相です、胸のふくらみとラインに沿ったシェイプ、運動量を計りながら、立体的に美しさを仕上げていきます。


ちなみに、この生地を手に入れたヨークシャーのミルで良かったのは、スーパー140`s & カシミアのシリーズで、これはデザインの豊富さ、厚み(量感)、そして高番手の生地に特有の贅沢感のあるシルクのような光沢をスーツに仕立てて愉しむには、むしろ適していているように思え、いくつか手に入れました。





























「ティラー六義」
中央区銀座一丁目21番9号
phone 03-3563-7556 e-mail bespoke@rikughi.co.jp(appointment required 要予約)

BACK≪ ≫NEXT 「Blackwatch Suits with ancient double breasted waistcoat and lilac lining 」  










無断転載、画像の無断複写を禁じます。
copyright 2008 Ryuichi Hanakawa














by tailorrikughi | 2008-08-11 17:31 | 5.Navy Town Suits