カテゴリ:■F.A.Q.(New)( 1 )

F.A.Q. /  「Made to Measure」について



b0151357_11514935.jpg





「Made to Measure」について、たくさんのお問い合わせ、ご質問をいただきました。ありがとうございます。

ここでは、その中で多かったご質問について記しておこうと思います。



Q1.「『Made to Measure』で、サイトに紹介されていた3ボタンのスーツ以外に、ダブルブレスのスーツ、コートなどもオーダーできますか?」

残念ながら、現時点(2008年11月10日現在)では、このサイトでご紹介した「クラッシック 3ボタン 3ピース」,及び「スリーク 6ボタン ダブルブレステッド スーツ」の2スタイルに限って「Made to Measure」を承っています。(今後、モデル数は増やしていく予定です。)

「スインギングロンドン ブライアンジョーンズモデル」を、次回の予定で作業を進めています。

これは、何回かの仮縫いを経て、好みのスタイルを作っていくBespokeと違い、「Made to Measure」では、仮縫いがない分、仕立て上がりのイメージを確定し、共有する必要があるからです。



Q2.「ローブドショルダーが好きなのですが、ローブドショルダーに代えられますか?」

「Made to Measure」はハンドテーラードなので、ローブドショルダーに変えることは可能です。しかし、服の印象は少し変わってきます。



Q3.「ウエストを絞ったスタイルが好きなのですが、絞れますか?」

体型にもよりますが、可能です。写真では分かりにくいと思いますが、このモデル自体もかなりフィットさせています。アスレテイックなスタイルは六義のハウススタイルでもあります。

ただ、ウエストの絞りの「印象」は、肩幅と胸周りのふくらみとのバランスによって生み出されます。肩幅とウエストの差があまりない方の場合、肩を少し広めにとる必要があるかもしれません。



Q4.「太めのパンツが好きなのですが、パンツの幅はかえられますか?」

トラウザーズの裾幅は、通常、ジャケットとの関連性によりますが、幸い、このモデルの上着に限って言えば、トラウザーズの裾幅の許容範囲は広いと思います。

クラッシックな印象を強めたいならば、少し広めに、シャープなタウンスーツにしたければ、少し細めに変えることは、基本的には可能です。



Q5.「サイドベンツに変えられますか?」

これは、問題なく可能です。




「Made to Measure」は、ハンドテーラードで仕立て上げられます。ここに、拘りがあります。
いわゆる、イージーオーダー「システム」を指すものではありません。

そして、仮縫いがない分、仕立て上がりのイメージを確定するためにモデルを用意しています。
今回は、良き時代のクラッシックな3ボタンの三つ揃いです。普通の3ボタンとは違います、ナポリ風とも違います。ここにも拘りがあります。


この他にも、ご質問がありましたが、写真や言葉だけでは、説明しづらいものもありました。
これは、個別に実際のスーツをお見せしながらでも、お答えさせていただきます。


その他、ご質問があれば、お問い合わせいただければ幸いです。






「ティラー六義」
中央区銀座一丁目21番9号
phone 03-3563-7556 e-mail bespoke@rikughi.co.jp(appointment required 要予約)

無断転載、画像の無断複写を禁じます。
copyright 2008 Ryuichi Hanakawa











by tailorrikughi | 2008-08-19 12:55 | ■F.A.Q.(New)